インファントマッサージの効果について
☆赤ちゃんへの効果

   ○免疫力を高め、身体が丈夫になります
   ○消化器系を刺激し、体重の増加を促します
   ○腸の調子を整えます(便秘の改善)
   ○リラックス効果で睡眠が深く・長くなります
   ○成長に伴う関節の痛みを緩和します
   ○呼吸をしやすくし、リズムを整えます
   ○ストレスへの対処が上手にできるようになります
   ○リラックスができます
   ○精神面に良い影響を与えます(思いやり、信頼、など)
     
☆お母さんへの効果
     
   ○赤ちゃんのことをより深く理解できるようになります
   ○赤ちゃんに対してやさしい気持ちになれます
   ○タッチしている人(お母さん)もリラックスできます
   ○母性行動が強まります

           ・・・などなど、まだまだたくさん効果があります。

     効果もさることながら・・・

         ☆ママ友が欲しい
         ☆赤ちゃんともっとスキンシップを楽しみたい
         ☆二人目、三人目の育児で大変!もっと赤ちゃんに向き合いたい
         ☆ミルクで育てているのでスキンシップを大切にしたい

   などなど、様々な理由で皆さん受講されています。
   楽しいスキンシップの時間をみんなでシェアしましょう♪


   4回の教室の中で、毎回復習を交えながら、赤ちゃんのペースに併せて
   ゆっくり、ゆっくり進み。最終日には全身のマッサージをお伝えします。
   「ふれあいスキンシップ遊び」も交え♪
   思いっきり赤ちゃんと触れ合います。
  




【マスコミ掲載】

神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/kurashi/0000743198.shtml


【参考資料】 〜雑誌Newsweekより〜

お母さん、もっと触って!!!


子どもを抱きしめたり愛撫したりする行為には
体の発育を促し、ストレスを減らす効果がある。

今から7百数年前、神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がある実験を行った。
大人の話し声や子守唄を聞かずに育つと、子供はどんな言葉を話すのか。
それを調べるために、フリードリヒは数人の赤ん坊を家族から引き離して
乳母に預け、最低限の世話だけをさせた。
授乳や入浴はさせても、抱っこや愛撫はさせなかった。
だが、皇帝の実験は失敗に終わった。
赤ん坊は全員、言葉を話す前に死んでしまったからだ。

スキンシップがなければ子供は生きていけない・・・
と、13世紀のある歴史家は書き残している。

現在、マイアミ大学・皮膚接触研究所のティファニー・フィールド所長によると、
人間の赤ん坊もマウスと同じく、スキンシップで体重が増加する。
自律神経系の迷走神経を刺激すると、
胃腸の働きが活発になりインスリンなどのホルモンが分泌される。
インスリンの分泌が増えれば食物吸収率が高まり成長が促進される。

加えてスキンシップには、ストレスを減少させる効果もあると、フィールドは語る。
マッサージを受けている乳幼児の尿は、重要な免疫細胞を殺す
コルチゾールというホルモンの含有率が低いという。

ベビーマッサージには、親が赤ん坊の言葉にできない合図を理解し、
親子が共にリラックスする有効な手段である。
                         





インファントマッサージ教室 Love-hands 〜ラブ・ハンド〜



←戻る


Copyright(c)Copyright(c)2007− love-hands 。 All rights reserved.
Illustration by ふわふわ。り. Base template by WEB MAGIC.